2012.4.28

パプリカのファルシ、ローズマリー風
POIVRON FARCIES AU ROMARIN

じっくりオーブンで焼いたパプリカのファルシはトロける美味しさ!

こんがり焼けたパン粉はさっくり!お肉はジューシー!

ニンニクとローズマリーの香りが漂うプロヴァンサルなひと皿♪

 

 

・材料:2~3人分:90分

 

ドルチェパプリカまたはパプリカ 赤・オレンジ・黄色 各1個

黒豚バラ肉 120g

黒豚もも肉 230g

ベーコン(塊) 30g

新玉ねぎ(中) 1個

ニンニク 3片

ローズマリー 3~4茎

 

卵 1個

生パン粉 大さじ7~8

ナツメグ、パプリカパウダー

白ワイン 大さじ1~2

オリーブオイル 大さじ3~4

塩 胡椒

 

フルール・ド・セル

 

 

・作り方

 

1 新玉ねぎは皮を剥き芯を取り、細かく刻む。ニンニクも1片は同様に刻み、残りはつぶす。

ベーコンの塊も細かく切る。

 

2 フライパンにオリーブオイル大さじ1~2を入れ熱し、刻んだ新玉ねぎ、ニンニクを加え、

2~3分よく炒める。ベーコンも加え、きつね色になるまで炒める。

白ワインを注ぎ、アルコールを飛ばしながら炒める。塩胡椒で味を調え、冷ます。

 

3 ドルチェパプリカまたはパプリカは縦半分に切る。軸と種を取リ、さっと洗い、水気を切る。

 

4 ファルス(詰め物)をつくる。黒豚肉はフードプロセッサーにかけ、細かく刻む。

ボウルに細かく刻んだ黒豚肉、塩ふたつまみ、胡椒、パプリカパウダーを入れ、ナツメグを削る。

スプーンを使ってよく混ぜる。2のソテー、溶き卵、生パン粉大さじ2、オリーブオイル大さじ1~2を加え、

ローズマリーの葉を一茎分、キッチンバサミで刻み入れ、よく混ぜる。

 

5 ファルスを詰める。手の平にオリーブオイルを少し塗り、4のファルスを6等分にして

空気を抜きながら丸めて、3のパプリカに小高く詰める。オーブンを210~220℃に温める。

 

6 オーブン皿にオリーブオイルをひき、5を入れる。ファルシの表面に残りの生パン粉をふりかける。

その上にたっぷりオリーブオイルをまわしかけ、つぶしたニンニク、ローズマリー2茎を加える。

 

7 温めたオーブンで30~40分じっくりかけて、こんがり焼く。

串を刺して、肉汁が透明なら、できあがり♪

 

8 オーブン皿ごと食卓へ。温めたお皿に好きな色のファルシを盛りつける。

仕上げにローズマリーを添え、フルール・ド・セルと胡椒を軽く挽く。

 

 

 

 

フランス語でFARCIES/ファルシとは、『詰め物をした』という意味があります。

料理名に使われることが多く、詰め物をした料理は『〜のファルシ』というふうになります。

肉詰めだけでなく、お米や野菜など、何を詰めてもファルシです。

 

南仏プロヴァンスの家庭料理では、パプリカの他にも

トマトズッキーニ、ナスなどの地元野菜でつくるファルシがポピュラーです。

豚肉のほかに、牛肉や羊などの肉でつくっても、美味しいです。

ワインはフルーティーで、少しスパイシーな赤ワインや辛口のロゼワインが合います。

 

これからの季節にぴったりのプロヴァンス料理をぜひ、お試しください♫

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加中!
いつもありがとうございます。