2020.1.25

カリフラワーと生ハムのキッシュ
QUICHE AUX CHOU-FLEURS,AU JAMBON CRU DE PARME

200125quicheauchoufleursjamboncru

冬から春にかけて美味しいカリフラワーと生ハムのキッシュ

優しく、ほっこりとした味わい♪

 

・材料:3~4人分/28cm型  時間:120分

 

葉付きカリフラワー(小) 1個

生ハム(パルマ産) 5~6枚

コンテ 60g

オリーブオイル 大さじ1~2

塩 胡椒

 

生地:

薄力粉 100g

強力粉 60g

発酵バター 60g

塩 ふたつまみ

ミネラルウォーター 大さじ6~7

 

アパレイユ(卵液):

卵 2個

生クリーム 170~180ml

塩 ふたつまみ

胡椒

ナツメグ

強力粉、バター 適宜

 

 

・作り方

 

1 生地を作る。

大きめなボウルに粉をふるう。塩、1cm角に切った冷たいバターを加え、指先を使ってこすり合わせるように混ぜる。

細粒状になったら水を加え、指先を立て素早く、かくように混ぜる。(水分量は粉の状態に合わせて加減してください♪)

大きな粒状になってきたら、手のひらで押しながらまとめ、3~4回折り込むようにして丸める。

ラップに包み30~60分冷蔵庫で寝かす。

 

2 生地をを伸ばして成形する。

まず型にバターを塗る。強力粉を軽くはたいた台の上に1の生地を置き、

型の大きさに合わせて3mmの厚さに伸ばす。型に入れる。生地の端が余るようであればナイフで切り取る。

(余った生地はラップに包んで冷蔵で2日、冷凍なら1週間、保存できます。)

生地の底、全体にフォークを使って穴を開ける。冷蔵庫で15~20分冷やす。オーブンを220℃に温める。

 

3 生地を空焼きする。

生地の上にクッキングシートを敷き、重石をのせて温めたオーブンに入れて15~20分焼く。

クッキングシート、重石を外し粗熱をしっかり取る。

 

4 カリフラワーは葉っぱを剥がし、小さな房に切り分け、たっぷりな水で洗い、ザルに上げ水気を切る。

 

5  アパレイユ(卵液)を作る。

ボウルに卵を割り入れ、よくかき混ぜる。生クリーム、塩を加え、胡椒を挽く。ナツメグを削り、しっかり混ぜる。

 

6 3の空焼きをした生地が完全に冷めたら、生ハムとカリフラワー、葉っぱをバランスよく入れる。

5のアパレイユを流し入れ、コンテをおろしかける。塩、胡椒を軽くして、オリーブオイルを少しまわしかける。

温めたオーブンで20~30分、表面にきれいな焼く色がつくまで焼く。

 

 

 

200125quicheauchoufleursjamboncru2

ワインはブルゴーニュのロゼがぴったり♪

赤なら、軽めのマルサネとも合います。

 

カリフラワーは火が入りやすいので茹でずに生のまま使うのがポイント♪食感が楽しめます。

葉っぱも美味しいのでぜひ。新鮮なカリフラワーは薄くし切ってサラダにして食べても美味しいです。

 

『カリフラワーと生ハムのタルト/
TARTE AUX CHOU-FLEURS,AU JAMBON CRU DE PARME』

『カリフラワーと鶏肉のキッシュ/QUICHE AUX CHOU-FLEURS,POULET』

などもご参考にぜひ、つくってみてください♪

 

 

 

 

 

ランキングに参加中!
いつもありがとうございます。