2014.11.29

SALADE DE BETTERAVE AU NOIX
ベットラーヴのサラダ、クルミ風

141129saladedebetteraveaunoix3

冬野菜!ベットラーヴ(ビーツ)とクルミのサラダ

なめらかなベットラーヴのピュレと一緒に♪

 

・材料:2人分 時間:90分

 

生ベットラーヴ(ビーツ) 1個(直径10cmくらいの大きさ)

クルミ 5~7粒

セルフィーユ 2~3茎

レモン汁 大さじ1

クルミオイル 大さじ1

 

 

ヴィネグレット:

レモン汁 大さじ1~2

クルミオイル 大さじ3

 

塩 胡椒

フルール・ド・セル

 

・作り方

 

1 ベットラーヴはよく洗って、鍋に入れる。水を注ぎ、蓋をして弱火で

60~80分(串がスッと刺さるくらい)程よく(やわらかすぎないくらい)茹でる。

茹だったら、ゆで汁は捨て、水を注ぎ鍋の中で冷ます。粗熱が取れたら、皮を剥く。

熱いうちに1~1.5cm角に切る。50~60gはピュレ用に残しておく。

 

2 ヴィネグレットを作る。

ボウルにレモン汁大さじ1、塩、胡椒を入れる。

泡立て器でよく混ぜて、クルミオイルを少しずつ加えてよくかき混ぜる。

1を入れて、よく混ぜ冷やす。時間があれば1~2時間マリネすると味が馴染みます。

 

3 クルミをオーブンで軽くローストする。

 

4 ベットラーヴのピュレをつくる。

1のベットラーヴ50~60gをミキサーに入れる。

レモン汁大さじ1~2、クルミオイルも加えピュレ状によく混ぜる。

塩、胡椒で味を調える。

 

5 大きめの皿にピュレをひく。

脇にベットラーヴのサラダを盛りつけ、ローストしたクルミを散らす。

セルフィーユを添え、仕上げにフルール・ド・セルをかけ、黒胡椒を挽く。

 

 

 

生のベットラーヴ(ビーツ)は皮がピンと張って、茎もしっかりして新鮮なもの、

大きなものより小ぶりのもの(5~6cmくらい)がおすすめ♪

茹で時間は大きさによって加減してください。

程よく茹でて、そのまま鍋の中で冷ましすと皮がスルリと剥けます。

 

フランスでは茹でたものや真空パックになったものが多いですが

このサラダは生のベットラーヴを茹でて作るのが断然に美味しいので、

ぜひ茹でるところからお試しください♪

 

ベットラーヴのピュレは鴨のポワレなどにもぴったり♬

少し多めにつくっておけば、タルティーヌ、サラダに添えたりいろいろ使えて便利!

ピュレにニンニクを少し加えても楽しめます。

 

 

 

 

ランキングに参加中!
いつもありがとうございます。