2013.2.13

ホタテのローストと春野菜のサラダ
ST.JACQUES ROTI, LEGUMES PRIMEURS EN SALADE

ホタテのローストと新じゃが、

スティックセニョール、空豆、いんげんのサラダ♪

ハーブの香り漂うラヴィゴットソースを添えて。

 

・材料:2人分  時間:45分

 

ホタテ(刺身用) 6粒

新じゃが芋(小)5〜6個

スティックセニョール 2〜3茎

空豆 4〜5サヤ

いんげん 50g

ニンニク 1片

セルフィーユ 2茎

レモン汁 大さじ1/2

オリーブオイル 大さじ2〜3

 

ラヴィゴットソース:

マスタード 小さじ1

シェリーヴィネガー 大さじ1/2

フランボワーズヴィネガー 小さじ1

オリーブオイル 大さじ3

アーモンドシードオイル 大さじ1〜2

エシャロット(小) 1個

アネット 2〜3茎

セルフィーユ 2〜3茎

 

塩 胡椒

フルール・ド・セル

 

・作り方

 

1  ホタテは両面に飾り包丁を入れる。冷やしておく。

 

2 新じゃが芋は皮を剥き半分に切り、水に浸しアクを取る。ザルに上げ水気を切る。

にんにくは皮を剥き、芯を取りつぶす。

 

3 スティックセニョールはよく洗って、花と茎に分けて切る。茎の部分は薄く皮を剥く。

いんげんは軸を落とし、長ければ半分の長さに切る。空豆はサヤから豆を取り出す。

 

4 3を程よい固さに塩茹でにする。ザルに上げて粗熱を取って、空豆は薄皮を剥く。

 

5 オーブンの天板にクッキングシートを敷く。2の新じゃが芋、ニンニクを入れる。

オリーブオイル大さじ2をまわしかけ、220〜230℃のオーブンで15〜20分焼く。

 

6 新じゃが芋が焼けたら器に取り出す。空いた天板に1のホタテを置く。

レモン汁大さじ1、塩胡椒、オリーブオイル大さじ1をふりかけ、サッとローストする。

 

7 ラヴィゴットソースをつくる。

小さなボウルにマスタード、塩胡椒、シェリーヴィネガー、フランボワーズヴィネガーを入れよく混ぜる。

オリーブオイル、アーモンドシードオイルを順に少しずつ加え、よくかき混ぜる。

混ざったところに細かく刻んだエシャロット、ハーブを加えて混ぜる。

 

8 大きめの皿にローストした新じゃが芋とホタテ、茹で野菜をバランスよく盛りつける。

オリーブオイルをかるくかけ、ラヴィゴットソースをたっぷり添える。

仕上げにフルール・ド・セルをかけ、胡椒を挽く。セルフィーユを散らす。

 

 

以前、ご紹介した『ホタテのポワレ、春野菜添え/ST.JACQUES POELES ET LEGUMES PRINTANIER』

アレンジバージョンです。前菜にサラダとして楽しめるようなひと皿にしてみました。

 

ソースも『リオン、ソース・ラヴィゴット/RILLONS SAUCE RAVIGOTE』のソースを

ホタテに合わせて、少しでけアレンジしたものです。

 

春野菜が美味しい季節に、ぜひ作ってみてください♪

 

 

ランキングに参加中!
いつもありがとうございます。