2012.2.10

アッシ・パルマンティエ
HACHIS PARMENTIER

フランス家庭料理の中でもジャガイモ料理の代表格と言えば

みんな大好き『アッシ・パルマンティエ』

なめらかなジャガイモのピュレと煮込んだお肉のグラタン♪

何度もおかわりしたくなる美味しさです。

 

材料4人分 23cm角型 時間:90分

 

ジャガイモ(メークイン) 1Kg

ローリエ 1枚

バター 30g

生クリーム 80〜100ml

 

玉ねぎ(大) 1個

牛挽肉 250g

にんにく 2片

赤ワイン 100ml

トマトピュレ 大さじ2

パプリカ ナツメグ

ブーケガルニ 一束

 

塩 胡椒

 

オリーブオイル 大さじ2

グリュイエール 80g

 

・作り方

 

 ソースを作る。玉ねぎ、ニンニクは皮を剥きみじん切りにする。

フライパンにバター5g、オリーブオイル大さじ2を入れ熱し、玉ねぎを加えキツネ色になるまでじっくり炒める。

ニンニク、肉を加えてさらによく炒める。赤ワインを注ぎ、アルコールを飛ばしながら炒める。

トマトピュレ、パプリカ、ナツメグ、ブーケガルニを加えてよく混ぜる。

塩ふたつまみ、こしょうで味を調え、弱火で20分煮込む。

 

 ジャガイモのピュレを作る。

ジャガイモは皮を剥き5ミリの輪切りにする。

鍋に入れ、ひたひたになる位の水を注ぎ、ローリエを加えて、スッと串が刺さるまで茹でる。

茹で上がったら水気を切り、再び鍋に戻す。弱火にかけ水分を飛ばす。熱いうちに裏漉しする。

バター25gを加えて木べらなどでよく混ぜる。軽く温めた生クリームを注ぎ、滑らかなピュレになるように混ぜる。

(ジャガイモの水分によって、生クリームの量は調節してください。)

塩こしょうで味を調える。オーブンを200〜210℃に温める。

 

 オーブン皿にバターを塗る。ピュレを半量入れて表面を平にする。

その上に肉のソースを加える。残りのピュレを重ねて表面を整え、おろしたフロマージュをたっぷりかける。

温めたオーブンで表面にきれいな焼き色がつくまで30分焼く。

 

 

同じ種類のジャガイモでも季節によって、味が違います。

だからこそ♪その季節ごとに何度も作りたくなるグラタンです。

 

日本の肉じゃがのように、フランスでもその家庭によって様々な味わいがあります。

回数を重ねるごとに好みの『アッシ・パルマンティエ』が作れるようになると思います。

 

 

『アッシ・パルマンティエ』をアレンジした

軽めな仕上がりの『アッシ・パルマンティエ・レジェ』♪もおすすめです。

こちらもぜひ、つくってみてください♪

 

 

ランキングに参加中!
いつもありがとうございます。