2021.7.20

サラダ・ド・リ
SALADE DE RIZ

夏野菜、ハーブの香りがいっぱいのお米のサラダ

『サラダ・ド・リ/SALADE DE RIZ 』♪

暑い日本の夏にぴったりのサラダです。

 

・材料:2人分  時間:45分

 

冷やご飯 150g

赤パプリカ 1/3個

黄パプリカ 1/3個

ミニトマト(黄・オレンジ・赤) 各3~4個

空豆 4~5サヤ

グリーンオリーブ 10~12個

アンチョビ 3~4フィレ

新ニンニク 1片

フレッシュミント ひとつかみ

フレッシュバジル ひとつかみ

レモン 1/6個

パプリカパウダー ひとつまみ

オリーブオイル

フルール・ド・セル

 

ヴィネグレット:

マスタード 小さじ1/2

赤ワインヴィネガー 小さじ1/2

オリーブオイル 大さじ3

塩胡椒

 

 

 

・作り方

 

1 冷やご飯はレンジで温めて、冷ましておく。

 

2 パプリカはよく洗って、ヘタ、種を取り除き、5mmの角切りにする。水にさらし、ザルに上げ水気を切る。

ミニトマトは湯剥きして同じ大きさに切る。

 

3 空豆はサヤから豆を取り出す。サッと塩茹でにして粗熱を取って、薄皮を剥く。

 

4 グリーンオリーブは種があれば、外して細かく刻む。アンチョビも細かく刻む。新ニンニクも同様に刻む。

 

5 ヴィネグレットを作る。ボウルにマスタード、塩、胡椒、赤ワインヴィネガーを加え、

泡立て器でよく混ぜる。オリーブオイルを少しずつ加え、かき混ぜる。

 

6 1〜4ボウルに入れ、オリーブオイルを軽くまわしかけ、ヴィネグレットを加えてさっくり混ぜる。

レモン汁、パプリカパウダー、塩、胡椒で味を調える。冷蔵庫で30分ほど冷やす。

 

7 6にフレッシュハーブを半量加えてさっくり混ぜて器に小高く盛り付ける。

オリーブオイルを軽くまわしかけ、残りのフレッシュハーブを飾る。

レモンの皮を削りかけ、フルール・ド・セル、胡椒を挽く。

 

 

 

フランスの家庭ではよく作られる庶民的な『SALADE DE RIZ /お米のサラダ』。

以前、紹介したレシピはサフランライスを使ったものでしたが、白いごはんでもシンプルに楽しめます。

 

合わせたワインは昔よく飲んでいた『ラ・パッション・ブラン2018』です。

エチケットとコルクに描かれていたイラストが、ごはんとおにぎりだったので何か繋がっているような♪

たまたまなので、なんだかご縁を感じます。このワインとの相性も抜群なのでおすすめ!

 

暑い夏がはじまると毎年、せっせとクスクスのサラダ『タブレ』を作っていましたが

今は日本で暮らしていて美味しいお米があるのだから、

久しぶりに『SALADE DE RIZ /お米のサラダ』をつくってみよう♪という気分になりました。

 

今回、お米は佐賀・唐津の棚田米を使用。

日本の米は冷めても美味しいのでサラダにもぴったりです。

 

旬の野菜アスパラガスやとうもろこし、ハーブはアネット、エディブルフラワーなど、

またエビや鶏肉などの具材を加えても楽しめます。

暑い夏の日に、ぜひ一度はつくって食べてみて欲しいです。

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加中!
いつもありがとうございます。