2013.4.8

ローストビーフ,春野菜添え
ROTI DE BŒUF,LEGUMES PRINTANIER

オーブンで焼くだけ!とってもかんたんなローストビーフ♪

ローストした春野菜もたっぷり添えて、

ゴルゴンゾーラ仕立てのクリームソースと一緒に。

 

材料:2人分:60分

 

黒毛和牛もも肉 250〜300g

じゃが芋(レッドムーン) 2〜3個

グリーンアスパラガス 6〜7本

ロマネスコ 1/6株

ニンニク 1片

ローリエ 1枚

バター 15〜20g

グレープシードオイル 大さじ2〜3

 

クリームソース:

生クリーム 50ml

ゴルゴンゾーラ 15g

肉汁

 

塩 胡椒

フルール・ド・セル

 

作り方

 

 牛もも肉は焼く1時間前に室温に戻す。

オーブン皿に置き、たこ糸で形を調えながら、しっかり縛る。

 

 の牛もも肉に塩胡椒をしっかりする。

バター、ローリエをのせ、グレープシードオイル大さじ1をまわしかける。

230℃のオーブンで肉汁(脂)をまわしかけながら13〜15分焼く。

指の先で肉を押して、焼き具合を確認する。または、串を刺してみる。赤い肉汁が出るくらいで焼き止める。

アルミホイルを2〜3枚重ねて、牛肉を包み込む。温かいところで30分、休ませる。

 

 じゃが芋は洗って、皮を剥き、7〜8mmの輪切りにする。

水に5〜10分浸しアクを取り、ザルに上げ、しっかり水分を取る。ニンニクは皮を剥き、つぶす。

別のオーブン皿にグレープシードオイル、じゃが芋、ニンニクを入れる。

230℃のオーブンで25〜30分、こんがりカッリと焼き上げる。

 

 グリーンアスパラガスは洗って、根元の固い部分を少し切り落とす。

はかまを取り、穂先から5センチくらい下から根元まで皮を剥き、半分の長さ切る。

ロマネスコはよく洗って、小さな株に切り分ける。

 

 のじゃが芋が焼けてきたところに、アスパラガスとロマネスコ加え7〜8分焼く。

 

 クリームソースをつくる。

肉を焼いたオーブン皿に生クリーム、ゴルゴンゾーラを入れる。旨味をこそぎながら、よく混ぜる。

の肉から出た汁も加えて、オーブン皿ごと弱火にかける。

煮詰めてとろみが出てきたら火を止める。塩胡椒で味を調える。


 の肉を切って、温めた大皿に盛りつける。オーブン焼きにした春野菜をを添える。

のソースを肉にかける。または小さな器に入れて添える。仕上げにフルール・ド・セルと黒胡椒をたっぷり挽く。

 

 

牛肉を焼く時間の目安は100gあたり、5〜6分と考えて計算して焼くと上手く焼けます。

肉汁が透明になるまで完全に焼き上げてしまうと、火が入りすぎて美味しくなくなってしまうので、

休ませる時間も考慮して、焼くのがポイントです。

肉を焼いた後に、少し休ませて肉の状態(肉汁)を落ち着かせると肉がより美味しく仕上がります。

 

ここでは二人分の量でつくりましたが、大きな塊肉でつくるのもおすすめです。

その場合、作り方で室温に戻す時間を長くして、焼き時間も重さに合わせて計算して焼いてください♪

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加中!
いつもありがとうございます。