2021.7.27

タコスフェット♪

TOKYO2020オリンピックが始まり、

毎日、たくさんの感動をいただいて、元気に過ごしています。

おうちでの観戦、応援になりますが、自国での開催は楽しさが違いますね♪

メダルが獲れても獲れなくてもみんな素晴らしい!

 

そして我が家では『暑い時は辛いものを食べよう♪タコスが食べたい!』と、

リクエストがあったので、タコスフェットを開催!

フレンチではないのですがご紹介します。

 

トルティーヤは自家製。粉物好きとしては一度、作ってみたかった♪

コーンミールにお気に入りの北海道産の強力粉『キタノカオリ』と薄力粉、

喜界島の粗糖、石垣塩、オリーブオイル、天然水で生地をつくり、焼き上げました。

(チップスは市販のものです。)

 

そして絶対必要な『サルサ』!

トマト、赤ピーマン、玉ねぎ、大分県産のセラーノ・デル・ソル(メキシコ青唐辛子)、

レモン、塩、胡椒、オリーブオイルでつくりました。

後はライム風味のアボカドディップ『ワカモレ』も大事。

トッピングにアボカドとフレッシュバジル、トウモロコシのバターソテー

フロマージュ:コンテ、グリーンサラダ、ライムなど。

 

お肉はガツーンと『牛ステーキ、セラーノ・デル・ソル添え』♪

牛ステーキを挟むのはメキシコ・カンクンに住んでいた知人に

つくってもらった時のイメージで再現しています。

 

あとはコロナビールにライムを忘れずに♪

食卓で好きに具材を挟んでタコスを頬張り、ライムを絞ったコロナビールを飲みました。

いつ飲んだか覚えていないくらい久しぶりだったけれど、これは最高な組み合わせ。

(食べるのに夢中で挟んだ写真がありません。)

 

翌日、ニンニクをたっぷり使ったガーリックライスを作って

余った牛ステーキとセラーノ・デル・ソル、サルサを添えました。これにはフランスの南の赤を一緒に♪

まさに国際食に♪とても美味しく、楽しめました。

 

暑い夏を乗り切るエネルギーに、ぜひ♪

 

 

 

 

 

ランキングに参加中!
いつもありがとうございます。