2021.5.23

牛フィレ肉のステーキ、赤パプリカのソース添え
STEAK DE FILET DE BŒUF,SAUCE POIVRON ROUGE

んがり焼いた牛肉フィレ肉のステーキに

酸味と甘味がギュッと詰まった赤パプリカのソースを添えて

赤い野菜と花びらを散りばめて♪

 

 

・材料:2人分:60分

 

黒毛和牛フィレ肉 120g×2枚

紫にんじん 2本

ミニトマト 3~5個

エディブルフラワー:カーネーション 4~5蕾

鴨脂 小さじ1

ブランデー 大さじ2~3

オリーブオイル 大さじ2~3

 

赤パプリカのソース:ココット1個分

赤パプリカ 1個

新ニンニク 1片

フレッシュタイム 2~3茎

エディブルフラワー:カーネーション 2~3蕾

オリーブオイル 大さじ2~3

水 大さじ2~3

 

塩 胡椒

フルール・ド・セル

 

 

 

・作り方

 

1 牛肉は焼く30分前に室温に戻す。

 

2 赤パプリカソースを作る。パプリカはよく洗って、縦半分に切る。

種、ヘタを取り除き、3~4cmの幅に切る。オーブンの天板にクッキングシート敷き、皮目を下にして並べる。

つぶした新ニンニク1片、フレッシュタイム、オリーブオイル大さじ2~3、水大さじ2~3を加える。

220~230℃のオーブンで、皮目に焼き色がつくまで20~30分じっくり焼く。

 

粗熱が取れたら、皮を剥き、新ニンニクも一緒にフードプロセッサーに入れる。

オリーブオイル大さじ2~3、エディブルフラワーの花びらを加え、

ピュレ状になるまでよく混ぜて、塩、胡椒で味を調える。

ティエッド(生暖かい状態)が好ましい。

 

3 紫にんじんはよく洗う。皮を剥き縦半分に切る。ミニトマトも縦半分に切る。

オーブン皿に切ったニンジンを入れ、オリーブオイル 、塩をふりかけ、200℃のオーブンで10~15分ローストする。

ニンジンが焼けたら、トマトを切り口を下にして加えて余熱で火を通す。

 

4 鉄のフライパンを煙が立つくらい熱し、鴨脂を加える。1の牛肉に塩、胡椒をする。

ヘラを使い肉が浮かないように抑える。両面こんがりしっかり焼く。(好みの焼き加減に仕上げる)

ブランデーを注ぎ、フランベする。ステーキを器に移し、アルミホイルをかけ休ませる。

 

5  温めた皿にオーブンで焼いた野菜、牛フィレ肉のステーキを盛り付ける。

赤パプリカソースを添え、エディブルフラワーの花びらを散りばめる。

仕上げにフルール・ド・セルと胡椒を軽く挽く。

 

 

 

今年は丑年、牛肉をモリモリ食べてパワーをつけてがんばろう!

以前にご紹介した『プティ・ステーキ、赤パプリカのソース添え/

PETIT STEAK,SAUCE POIVRON ROUGE』もご参考になさってみてください♪

 

 

 

 

 

ランキングに参加中!
いつもありがとうございます。