2018.3.18

豚肉のマスタード仕立て、春野菜添え
COTES DE PORC A LA MOUTARDE,LEGUMES PRIMEUR

180318cotesdeporcaumoutard1

定番の豚肉のマスタード仕立て

やわらかな味わいの春野菜をたっぷり添えて♪

 

・材料:2人分:45分(+1時間〜半日)

 

豚背肉(ロース肉) 2枚(1枚=150~160g)

マスタード 大さじ1.5~2

フレッシュタイム 2~3茎

ローリエ 1枚

インゲン  10~12本

スナップエンドウ 6~8さや

グリーンピース 6~7さや

新じゃが芋 3~4個

ニンニク 2片

エディブルフラワー(オレンジ) 4~6個

オリーブオイル 大さじ3~4

バター 7~8g

白ワイン 30~50ml

生クリーム 30ml

 

塩 胡椒

フルール・ド・セル

 

 

・作り方

 

1 肉は筋切りをする。器に移して塩、胡椒をふりかける。

ニンニク1片をこすりつけ、全体にマスタードを塗る。フレッシュタイムを散りばめ、

ローリエをのせてオリーブオイルをまわしかけ、肉によく馴染ませる。

ラップをして冷蔵庫で1時間〜半日寝かす。

 

2 付け合わせの準備。

新じゃが芋はよく洗って、半分に切る。水に浸しアクを取りザルに上げる。

プティ・ポワ(グリーンピース)はサヤから豆を取り出す。

インゲン、スナップエンドウは洗って、筋を取り除く。

湯を沸かし、程よい固さにサッと塩茹でする。

(プティ・ポワはぬるま湯に入れ、冷水に浸すと表面シワがよりません。) ザルに上げる。

ニンニクは皮を剥き、芯を取り、ナイフの背でつぶす。

 

3 オーブン皿にオリーブオイルを大さじ2、2の新じゃが芋、つぶしたニンニクを入れ

200℃のオーブンで時々、返しながら15~20分焼く。

芋がこんがり焼けてきたら、残りの野菜を加えてさらに7~8分焼く。

仕上げにバターひとかけを加え、フルール・ド・セルをふる。

 

4 肉を焼く。フライパンにグレープシードオイル大さじ1、ニンニクを加えよく熱する。

ニンニクの香りが漂ってきたら1の肉を入れる。

あまりいじらず、はじめはヘラで少し押さえ両面じっくりこんがり焼く。

白ワインを注ぎ、フライパンに付いた旨味をこそぐ。

生クリームを加えてよく混ぜ、少し煮詰める。塩、胡椒で味を調える。

 

5 温めた平皿に春野菜のロースト、豚肉のソテーを盛りつける。

肉にソースをかけて、春野菜にエディブルフラワーの花びらを散らす。

仕上げにフルール・ド・セルをふりかけ、黒胡椒を挽く。

 

 

『豚肉のマスタードソース/COTES DE PORC A LA MOUTARDE』

付け合わせに旬の野菜を取り入れたり、組み合わせるワインを変えるだけでも

毎回楽しめるひと皿です。今回はブルゴーニュのロゼを合わせています。

 

 

 

 

 

ランキングに参加中!
いつもありがとうございます。