2014.8.4

エビと赤ピーマンのキッシュ
QUICHE AUX CREVETTES,POIVRON ROUGE

140804quicheauxcrevettepoivronrougeauxromarin1

夏におすすめ!『エビと赤ピーマンのキッシュ』

フレッシュな新ニンニクとローズマリーがアクセント♪

 

 

・材料:3〜4人分/22㎝タルト型  時間:120分

 

エビ 15尾(300g)

赤ピーマン 3個

新ニンニク 1片

ローズマリー 1茎

グリュイエール 80g

白ワイン 大さじ2〜3

オリーブオイル 大さじ2〜3

塩 胡椒

 

生地:

強力粉 60g

薄力粉 100g

バター(無塩) 60g

塩 ひとつまみ

ミネラルウォーター 大さじ5〜6

 

アパレイユ(卵液):

卵 2個

生クリーム 150ml

トマトピュレ 大さじ2

塩 ふたつまみ

胡椒

ナツメグ

パプリカパウダー

 

強力粉、バター 適宜

 

・作り方

 

1 生地を作る。

大きめなボウルに粉をふるう。塩、1cm角に切った冷たいバターを加え、指先を使ってこすり合わせるように混ぜる。

細粒状になったら水を加え、指先を立て素早く、かくように混ぜる。

(水分量は粉の状態に合わせて加減してください♪)

大きな粒状になってきたら、手のひらで押しながらまとめ、3〜4回折り込むようにして丸める。

ラップに包み30〜60分冷蔵庫で寝かす。

 

2 生地をを伸ばして成形する。

まず型にバターを塗る。強力粉を軽くはたいた台の上に1の生地を置き、

型の大きさに合わせて3mmの厚さに伸ばす。型に入れる。生地の端が余るようであればナイフで切り取る。

余った生地はラップに包んで冷蔵で2日、冷凍なら1週間、保存できます。)

生地の底、全体にフォークを使って穴を開ける。冷蔵庫で15〜20分冷やす。オーブンを220℃に温める。

 

3 生地を空焼きする。

生地の上にクッキングシートを敷き、重石をのせて温めたオーブンに入れて15〜20分焼く。

クッキングシート、重石を外し粗熱をしっかり取る。

 

4 具の準備。エビは殻を外し背わたを取る。塩をふるかけ、もみ洗いする。

片栗粉をふりかけて、もみながら汚れを取りよく洗う。キッチンペーパーなどで水分をしっかり拭き取る。

 

5 新ニンニクは皮を剥き、細かく刻む。赤ピーマンはヘタ、種を取り、1cmの角切りにする。

ローズマリーはよく洗って水気を取る。

 

6 フライパンにオリーブオイル大さじ1〜2、新ニンニクを入れ、香りがし始めたらエビを加える。

エビが焼けてきたら、赤ピーマンを加えてサッとソテーする。塩胡椒をする。

白ワインを注ぎアルコールを飛ばしながら鍋底の旨味をこそぐ。粗熱を取る。

オーブンを210〜220℃に温める。

 

7 アパレイユ(卵液)を作る。

ボウルに卵を割り入れ、よくかき混ぜ、生クリーム、塩ふたつまみ、パプリカパウダーを加え、

胡椒を挽き、ナツメグを削り、しっかり混ぜる。トマトピュレを加えてさらによく混ぜる。

 

8 3の空焼きをした生地に6をバランスよく入れる。

その上にローズマリーの葉をキッチンバサミで刻みかける。

7のアパレイユを流し入れ、おろしたグリュイエールをたっぷりかける。

温めたオーブンで20〜30分、表面にきれいな焼く色がつくまで焼く。

 

 

140804quicheauxcrevettepoivronrougeauxromarin2

以前にご紹介した『エビとトマトのキッシュ、ローズマリー風/

QUICHE AUX CREVETTES,TOMATES,AU ROMARIN』をアレンジしています。

ミニトマトを入れずに、アパレイユにトマトピュレを加えました。

フロマージュはモッツァレラとパルミジャーノの組み合わせも美味しいです。

ワインは南のロゼや白が合います♬

 

 

 

 

ランキングに参加中!
いつもありがとうございます。