2012.10.5

秋刀魚と深雪なすのキッシュ
QUICHE AUX BALAOU DE JAPON,
AUBERGINE DE MIYUKI

オーブンでこんがり焼いた秋刀魚と深雪なすの美味しさが、

ぎっしり詰まった贅沢な味わいのキッシュ♪

 

・材料:3〜4人分/22㎝タルト型  時間:120分

 

秋刀魚(大)2尾

深雪なす 3個

エシャロット 1/2個

すだち 1個

コンテ 70〜80g

オリーブオイル 大さじ2〜3

塩 胡椒

 

生地:

強力粉 60g

薄力粉 100g

バター(無塩) 60g

塩 ふたつまみ

ミネラルウォーター 大さじ4〜5

 

アパレイユ(卵液):

卵 2個

生クリーム 180〜200ml

塩 ふたつまみ

胡椒

ナツメグ

ドライトマト 2枚

 

強力粉、バター 適宜

 

 

・作り方

 

 生地を作る。大きめなボウルに粉をふるう。

塩、1cm角に切った冷たいバターを加え、指先を使ってこすり合わせるように混ぜる。

細粒状になったら水を加え、指先を立て素早く、かくように混ぜる。

(水分量は粉の状態に合わせて加減してください)

大きな粒状になってきたら、手のひらで押しながらまとめ、3〜4回折り込むようにして丸める。

ラップに包み30〜60分冷蔵庫で寝かす。

 

 生地をを伸ばして成形する。

まず型にバターを塗る。強力粉を軽くはたいた台の上にの生地を置き、

型の大きさに合わせて3mmの厚さに伸ばす。型に入れる。

生地の端が余るようであればナイフで切り取る。

余った生地はラップに包んで冷蔵で2日、冷凍なら1週間、保存できます。)

生地の底、全体にフォークを使って穴を開ける。冷蔵庫で15〜20分冷やす。オーブンを220℃に温める。

 

3 生地を空焼きする。

生地の上にクッキングシートを敷き、重石をのせて温めたオーブンに入れて15〜20分焼く。

クッキングシート、重石を外し粗熱をしっかり取る。

 

 具の準備。秋刀魚は三枚におろす。半身を3〜4等分に切る。

皿に並べ、塩胡椒をふり、冷蔵庫で冷やす。

 

 深雪なすはヘタを落とし5mm幅の輪切りにする。塩水に5〜6分浸す。

ザルに上げ、水気をしっかり切る。オーブンを220℃に温める。

 

 オーブンの天板にクッキングシートを敷く。

オリーブオイル大さじ2〜3を引き、水分を拭き取った深雪なすを天板にキレイに並べる。

深雪なすの切り口にオリーブオイルを馴染ませ、温めたオーブンで10〜15分こんがり焼く。

器に深雪なすを取り出し、粗熱を取る。

 

 の天板に秋刀魚を皮目を上にして並べ、オリーブオイルを軽くかけ

220℃のオーブンで5分焼く。焼き上がったら、すだちを絞りかける。粗熱を取る。

 

 エシャロットは皮を剥き、薄切りにする。水分を軽く絞り、の天板の秋刀魚の脂と絡ませておく。

 

9 アパレイユ(卵液)を作る。

ボウルに卵を割り入れ、よくかき混ぜ、生クリーム、塩ふたつまみを加え、

胡椒を挽き、ナツメグを削り、しっかり混ぜる。

 

10 3の空焼きをした生地が完全に冷めたら、底に深雪なすを敷き詰める。

その上にエシャロットを散らし、秋刀魚の皮目を上にして均等に並べ入れる。

 

11 アパレイユを注ぎ、おろしたコンテをたっぷりかける。

温めたオーブンで20〜30分、表面にきれいな焼く色がつくまで焼く。

 

 

深雪なすは新潟県産の小ぶりのなすです。

皮が薄くて身は水分が少ないので、味も食感もしっかりしています。

甘みもあって、とても美味しいです。秋刀魚との相性もぴったり♪ おすすめです。

 

キッシュは熱々よりも少しだけ冷めた状態で食べると、素材の味がよくわります。

作った日も翌日もそれぞれに美味しいので、ぜひ食べ比べてみてください♪

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加中!
いつもありがとうございます。