2016.3.31

牡蠣のロースト、ほうれん草ソース仕立て
HUITRES ROTIES A LA SAUCE D’EPINARD

20160331huitrerotiesaucedepinard2

ふっくらローストした牡蠣、フレッシュでほろ苦い八朔を

さわやかなほうれん草のソースと一緒に

パルミジャーノのガレットがアクセント♪

 

・材料:2人分 時間:60分

 

生牡蠣(大粒)6粒(150~200g)

八朔 1/2個

サラダほうれん草 1/2束

 

セルフィーユ 3~4茎

ニンニク 1片

白ワイン 20~30ml

 

オリーブオイル 大さじ7~8

塩 胡椒

フルール・ド・セル

 

パルミジャーノのガレット:6枚分

パルミジャーノ 15g

小麦粉 1.5g

 

 

・作り方

 

1 生牡蠣は塩をかけて汚れを落として、よく洗う。しっかり水気を切る。

鍋に生牡蠣、ニンニク1/2片、白ワイン、塩、胡椒、セルフィーユを入れる。

蓋をして2~3分弱火にかけて蒸す。器に移し、粗熱を取る。

鍋に残った牡蠣から出たジュ(汁)は、漉して1/3量まで煮詰める。

 

2 サラダほうれん草は根を切り落とし、たっぷりの水でよく洗う。

ザルに上げ、水気をしっかり切る。

 

3 ソースをつくる。

ブレンダーに2のサラダほうれん草30g、ニンニク1/2片、

オリーブオイル大さ2~3を注ぎ、ピュレ状になるまでよく混ぜる。

1の牡蠣の煮詰めた汁(ジュ)を加える。さらに混ぜて、塩、胡椒で味を調える。

 

4 八朔は皮を剥き、形を崩さないように房から果肉を取り出す。冷やしておく。

 

5 オーブンを200℃に温める。

 

6 パルミジャーノのガレットを作る。

ボウルにおろしたパルミジャーノ、小麦粉をふるい入れる。よく混ぜる。

オーブンの天板にクッキングシートを敷く。その上に2.5~3cmの薄い丸型を6つ作る。

温めたオーブンで4~5分焼く。余熱で火が入るので焼き過ぎないように♪

 

7 オーブンの天板にクッキングシートを敷く。

1の牡蠣をキレイに並べる。オリーブオイル大さじ1~2をかける。

210~220℃のオーブンで7~10分ふっくら焼き上げる。(あまり焼き過ぎないように♪)

 

8 牡蠣を焼いた天板にに残った牡蠣の汁(ジュ)を3に加える。

深皿にソースを注ぐ。牡蠣のロースト、八朔、パルミジャーノ・レッジャーノのガレットを

交互に盛りつける。残しておいたサラダほうれん草の若葉を散らす。

仕上げに牡蠣に軽くフルール・ド・セルをかけ、黒胡椒を挽く。

 

 

20160331huitrerotiesaucedepinard3

牡蠣との相性の良い八朔は広島『せとだ』産を使っています。

苦味と甘み、酸味がバランスよくとても美味しい♪

春先の大粒の牡蠣も美味しい季節におすすめのひと皿です。

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加中!
いつもありがとうございます。