2016.3.5

ホタテの生ハム巻ソテー、伊予柑添え
ST.JACQUES EN CROUTE DE JAMBON CRU A L’ORANGE

160305stjacquesencroutedejamboncruiyokan1

定番!ホタテの生ハム巻ソテー

春らしく伊予柑と一緒に♪

 

・材料:2人分  時間:30分

 

生ホタテ(刺身用) 6粒(小)

生ハム(パルマ産) 3枚

ルッコラ ひとつかみ

伊予柑 1/2個

オリーブオイル 大さじ1

バター 5g

 

ヴィネグレット:

マスタード 大さじ1

シェリービネガー 小さじ1

オリーブオイル 大さじ3

パルミジャーノ・レッジャーノ 10g

伊予柑 1/4個

 

塩 胡椒

フルール・ド・セル

 

 

・作り方

 

1 生ホタテはサッと洗い水気を拭く。

 

2 1のホタテに生ハムを巻く。冷蔵庫で冷やしておく。

 

3 伊予柑は皮を剥き、ペティナイフを使って形を崩さないように房から果肉を取り出す。

6房分飾り用に器に入れ、残りはヴィネグレットに使う。

 

4 ヴィネグレットをつくる。

ボウルにマスタード、塩、胡椒、シェリービネガーを入れ、泡立て器て混ぜる。

オリーブオイルを少しずつ加え、さらに混ぜる。味を調える。伊予柑を加えよく混ぜる。

おろしたパルミジャーノ・レッジャーノを加えてブレンダーにかける。

 

5 フライパンにオリーブオイル大さじ1を注ぐ。

2を入れ両面こんがりさっとソテーする。中まで火は入れない。器に取り出す。

空いたフライパンにバター、伊予柑を入れてさっとソテーする。塩胡椒する。

 

6 皿の中央に4の伊予柑のヴィネグレットをひく。

ホタテの生ハム巻ソテー、伊予柑のソテーをバランスよく盛りつける。

ルッコラを散りばめる。オリーブオイルをまわしかけ

仕上げにフルール・ド・セルをかけ、胡椒を挽く。

 

 

160305stjacquesencroutedejamboncruiyokan3

 

生ホタテは中まで火を通さずに表面だけをこんがり仕上げるのがおすすめ♬

伊予柑のほか、せとかやデコポンなどお好みの柑橘類でつくっても美味しいです。

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加中!
いつもありがとうございます。