2016.1.22

うずらのロースト、冬野菜添え
CAILLE ROTIE AU LEGUMES D’HIVER

160122caillerotieauthymlegumesdhiver3

フランス・ドンブ産、うずらのロースト

芽キャベツ、ロマネスコ、新じゃがなどの

冬野菜のオーブン焼きを添えて


・材料:2人分:60分

 

うずら(フランス産) 2羽

芽キャベツ 8~10個

ロマネスコ 1/6株

インゲン 40~50g

新じゃが芋 6~7個

 

ニンニク 2~3片

タイム 10茎

ローリエ 2枚

セルフィーユ 6~7茎

 

発酵バター 10~15g

グレープシードオイル 大さじ2~3

塩 胡椒

 

フルール・ド・セル

 

 

・作り方

 

1 うずらはお腹の中などを洗って水気を拭く。

皮に残った毛をキレイにピンセット等で抜く。オーブン皿に入れる。

塩、胡椒をしっかりとふりかける。

お腹の中にニンニク1片ずつ、フレッシュタイム2~3茎、ローリエを入れる。

タコ糸で足を縛る。全体にバター10gをもみ込むように塗る。

フレッシュタイムを2~3茎のせる。このまま、室温におく。

 

2 付け合せの準備。

新じゃがは皮を剥き、半分に切る。水に浸しアクを取る。ザルに上げ水気を切る。

別のオーブン皿に新じゃがを入れる。グレープシードオイル大さじ1~2をまわしかけ、

残りのニンニクを加える。オーブンを220℃に温める。

 

3 芽キャベツ、ロマネスコ、インゲンは洗って、食べやすい大きさに切り、

サッと塩茹でする。

 

4 温めたオーブンで1を20~25分焼く。途中、焼き汁をまわしかけながら

皮をパリッと仕上げる。焼けたら、冷めないようにして、少し分休ませる。

 

5 うずらを焼き始め10分後、2をオーブンに入れて焼く。

新じゃがが焼けたところに3を加え、5~6分焼く。仕上げに残りのバターを加える。

 

6 温めた皿に付け合せの冬野菜とうずらのローストを盛りつける。

焼き汁は少し煮詰めて、うずらにかける。

仕上げにセルフィーユを添え、フルール・ド・セルと胡椒を挽く。

 

 

 

 

うずらのローストは小骨が多く食べるのが大変に感じますが、

ドンブ産はふつうのうずらよりも大きめで、肉質もよく美味しいのでおすすめ♪

 

うずらの中に黒どりのレバーやハツ♡を入れて、

ローストしてもとても美味しいです。作り方は上記とほぼ同じ。

 

下処理したレバー(1羽に100gくらいの量)を

ブランデーでマリネしてお腹に詰めるだけ。タイムも忘れずに♫

レバーはじっくり火が通るのでふんわり仕上がります。

 

ぜひ、こちらもつくってみてください♪

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加中!
いつもありがとうございます。