2016.11.3

フィンセント・ファン・ゴッホ

161103bombeamandeaucitron1

パリセヴェイユの『ボンブ・アマンド・ オ・ シトロン』

奥は『パン・オ・レザン』。

 

東京都美術館で開催中の『ゴッホとゴーギャン展』で観た

フィンセント・ファン・ゴッホの『グラスに生けた花咲アーモンドの小枝』、

『レモンの籠と瓶』とつながりました。

 

南仏エクス・アン・プロヴァンスに住んでいた頃、

何度かアルルを訪れたことがあります。

ゴッホゆかりの地であるはね橋やカフェ、

療養所の中庭、円形闘技場などを散策したりと思い出の町。

 

今年はゴッホの素晴らしい作品『ひまわり』も観る機会がありました。

そしてまた素晴らしい今回の美術展。

ゴッホの魅力をさらに知ることができたように思います。

 

ゴッホの『ゴーギャンの椅子』、ゴーギャンの『肘掛け椅子のひまわり』

を観れたことにも感謝。

今まで持っていたゴッホの印象が変わりました。

 

秋の夜長に『ゴッホの手紙』を読んでみたいです。

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加中!
いつもありがとうございます。