2016.10.17

丹波しめじの薄焼きタルト秋刀魚仕立て
TARTE FINE AU CHAMPIGNON DE TAMBA A LA BALAOU DE JAPON

161017tartefineauchampignonbalaoudejapon2

秋の味わい♪丹波しめじの薄焼きタルト

ローストした秋刀魚のほぐし身が隠し味♪

 

・材料:2人分/25㎝  時間:90分

 

タルト生地

強力粉 30g

薄力粉 30g

発酵バター 22~23g

塩 ひとつまみ

ミネラルウォーター 大さじ2

 

丹波しめじ 150g

玉ねぎ 1個

秋刀魚のほぐし身 大さじ1~2

ゴルゴンゾーラドルチェ 30~40g

生クリーム 大さじ2

オリーブオイル 大さじ3~4

 

アネット(ディル) 2~3茎

塩 胡椒

 

 

・作り方

1 タルト生地を作る。

ボウルに粉を振い入れ、塩、1cm角に切った冷たいバターを加え、

指先を使ってこすり合わせるように混ぜる。

細粒状になったら水を加え、指先を立て素早く、かくように混ぜる。

(水分量は粉の状態に合わせて加減してください♪)

生地をまとめ、手のひらで3~4回折り畳むようにして丸める。

ラップに包み30~60分冷蔵庫で寝かす。

 

2 玉ねぎは皮を剥き、薄切りにする。

フライパンにオリーブオイル大さじ2、玉ねぎを入れて

始め強火で炒め、しんなりしたら、弱火にする。

うすい飴色になるまで20~30分じっくり炒める。塩で味を調えて冷ます。

 

3 丹波しめじは石づきを切り落とし、薄く切る。

 

4 天板にクッキングシートを敷く。

強力粉を軽く叩いた台の上に1のタルト生地を置き、25cmの正方形になるように薄く伸ばす。

天板の上に置き、生地にフォークで穴を開ける。冷蔵庫で15~30分冷やす。

オーブン200℃に温める。

 

5 タルト生地の上に炒めた玉ねぎのせる。ローストした秋刀魚のほぐし身を散らす。

ゴルゴンゾーラドルチェを散りばめ、丹波しめじをバランスよくのせる。

生クリームをまわしかける。塩、胡椒をして軽くオリーブオイルをまわしかける。

温めたオーブンで20~25分焼く。(クリームが焦げやすいので注意しながら、焼いてください♪)

仕上げにアネットの葉を散りばめ、胡椒を挽く。お好みでオリーブオイルをまわしかける。

 

 

 

 

161017tartefineauchampignonbalaoudejapon3

アツアツを切り分けて♪

白ワインが進むひと皿です。

 

 

だいぶ前にご紹介した『丹波しめじの薄焼きタルト/

TARTE FINE AU CHAMPIGNON DE TAMBA』

のアレンジヴァージョン♪生地の分量も変えてボリューム感UP!

 

丹波しめじを炒めずに生のまま焼くのがポイント♪

玉ねぎも甘みを引き出すようにじっくり炒めるのが大事です。

 

 

 

 

 

ランキングに参加中!
いつもありがとうございます。