2016.7.27

小玉ねぎのファルシ、タイム風
PETITS OIGNONS FARCIES AU THYM

160727petitesoignonsfarciesauthymausafran1

やさしくジューシーな味わい、

フレッシュタイムやサフランの香りが楽しめる

小玉ねぎの小さなファルシ♬

 

 ・材料:2~3人分:90分

 

小玉ねぎ 5個

鶏胸肉 260~270g

新ニンニク 1片

フレッシュタイム 10~12茎

ナツメグ

パプリカパウダー

生パン粉 1/4カップ

パルミジャーノ・レッジャーノ 25g

サフラン ふたつまみ

ローリエ 1枚

ミネラルウォーター  100ml

 

オリーブオイル 大さじ5

粗塩

塩 胡椒

 

 

・作り方

 

1 小玉ねぎは皮を剥き、横半分に切る。中心の部分を取り出し細かく刻む。

新ニンニクも細かく刻む。

 

2 小さなフライパンにオリーブオイル大さじ2、刻んだ小玉ねぎ、

新ニンニクを入れて炒める。水分を飛ばしながら、じっくり炒める。

塩、胡椒で味を調える。しっかり粗熱を取る。

 

3 ファルス(詰め物)をつくる。

鶏胸肉はフードプロセッサーで細かく挽く。大きなボウルに挽き肉、塩、胡椒、

パプリカパウダーを入れ、ナツメグを削る。

スプーンを使ってよく混ぜる。2のソテー、フレッシュタイムの葉を3~4茎分加えて混ぜる。

 

4 ファルスを詰める。

3のファルスを1の小玉ねぎに空気を抜きながら小高く詰める。

オーブン皿にオリーブオイル大さじ1を入れ、ファルシを並べ入れる。

 

5 生パン粉を細かく挽く。

4のファルシの上にふりかけ、オリーブオイルをまわしかける。

おろしたパルミジャーノ・レッジャーノもかける。

210~220℃に温めたオーブンで20分焼く。

 

6 片手鍋に水100mlを注ぎ、火にかける。

沸騰したところにサフラン、ローリエ、タイム2茎を加える。火を止め蓋をする。

塩胡椒で味を調える。

 

7 5のファルシがこんがり焼けてきたら温めた6を注ぐ。

肉や野菜の旨味をこそぎながらソースにする。仕上げにフレッシュタイムを飾る。

 

 

160727petitesoignonsfarciesauthymausafran2

食卓で熱々のプティ・ファルシを盛りつける。

サフランのソースをファルシのまわりに注ぎ

オリーブオイル、胡椒はお好みで♪

 

 

160727petitesoignonsfarciesauthymausafran3

 

今回、使用した小玉ねぎはこの時期に出廻る京都・丹後産♬

毎年一度は食べたいひと皿です。

 

以前ご紹介した『クルジェットと玉ねぎのプティ・ファルシ、タイム風

COURGETTES,OIGNONS PETITES FARCIES AU THYM

などもご参考になさって、ぜひつくってみてください♪

 

 

 

 

 

ランキングに参加中!
いつもありがとうございます。